在宅ワークの体験談募集中
在宅・テレワークOKの求人が多い募集サイト10選

仕事を得るための準備 求人や仕事の見つけ方

在宅・テレワークOKの求人が多い募集サイト10選

 

在宅うさぎ
在宅・テレワークOKの求人が多い募集サイト10選を紹介

 

「働き方改革」により、新しい仕事のカタチの在宅・テレワークが注目されました。とくに最近は、「在宅勤務」や「テレワーク」でできる仕事を探している人が、多いのではないでしょうか?辛い満員電車に乗って職場に行く必要がないテレワークは、まさに現代に必要な働き方です。

 

一気に導入する企業が増えてきました。逆に探す人も増えています。在宅・テレワークの仕事を探すのならば、早く始めるのがおすすめです。探す方法は、やはりサイトを利用するのが一番ではないでしょうか。

 

そこで今回は、在宅・テレワークOKの求人が多い募集サイト10選を紹介します。仕事探しに役立ててください。

 

在宅ワークの種類を解説!家でできる仕事12選
在宅ワークの種類を解説!家でできる仕事12選

  コロナ禍による生活様式の変化で、在宅ワークに対する関心が高まっています。また育児や介護がある方にとっても、時間に融通が効く在宅ワークは最適の仕事だと言えます。家の中で働いて収入が得られる ...

続きを見る

 

いまさら聞けない言葉の確認

 

同じような言葉が出てきて混乱している人はいませんか?聞かれても詳しく説明できない人もいるはずです。

 

そこでまずは、働き方改革後によく利用されるようになった言葉を確認しておこうと思います。知っている人も、再確認の意味を込めて活用してください。

 

「在宅勤務」

 

在宅勤務とは、その言葉どおりです。
在宅とは、外出をせず自分の家にいることを意味しているので、自宅にいながら勤務していることを指します

自分の家を職場にする働き方です。
在宅勤務とテレワークを混同する人もいますので、注意をしましょう。

 

「テレワーク」

 

テレワークは、「Tele(離れた)」と「Work(仕事)」を組みあわせた造語です。
職場から離れた場所で仕事をする意味が込められています。
自宅のみを指している在宅勤務は、テレワークの中の1つというわけです。

テレワークには、在宅勤務以外に次の種類があります。

 

在宅勤務以外の主なテレワーク

  • モバイルワーク:仕事の場所を特定せずカフェや移動中、ラウンジや他社のオフィスなどで仕事をするカタチ
  • サードブレイスオフィス勤務:本社とは違う場所にオフィス同様の環境を設け、出勤時間などの負担を減少させるカタチ

 

「リモートワーク」

 

リモートワークとは、「remote(遠隔・遠い)」と「Work(仕事)」を組みあわせた造語です。テレワークと同じ意味合いを持っています。

違いを上げるのならばテレワークは「個人」リモートワークは「チーム」での仕事がイメージできます。
リモートワークは、一つの仕事を多くのスキルを持つ人達で作り上げるときに利用されることが多い言葉です。チャットなどでコミュニケーションが頻繁に行われているようなイメージが持てます。
ただ同じような意味なので使い分ける必要はありません。

 

テレワーク勤務と言われも、在宅と決まったわけではありません。言葉の意味を確認しておくのは大切なことです。求人を探すときの参考にしてください。

 

在宅・テレワークOKの求人が多い募集サイト10選

 

在宅・テレワークOKの求人が多い募集サイト10選は次のとおりです。

  1. indeed(インディード)
  2. スタンバイ
  3. Reworker(リワーカー)
  4. ママワークス
  5. Wantedly(ウォンテッドリー)
  6. PARAFT(パラフト)
  7. タウンワーク
  8. ジャスネットキャリア
  9. リクナビNEXT
  10. doda(デューダ)

詳しく紹介をしていきます。

 

indeed(インディード)

 

在宅うさぎ
インディードは、知名度が非常に高い「世界ナンバーワンの求人検索エンジン」です。

人気俳優の斎藤工さんが「仕事探しはインディード♪」と歌っているCMが頻繁に流れているので、多くの人が知っています。

 

在宅勤務だけでなく、総合的に求人が多いのが特徴です。日々、数百万の人が新しい仕事を見つけるために利用しているので、情報量がものすごいと言っても過言ではありません。求人を募集する企業が、無料でも掲載ができることから情報量も増えているのではないでしょうか。

 

また、使いやすさもポイントです。

ココがポイント

インディードは求人サイトではなく検索エンジン、グーグルやヤフーと同じイメージを持ってください。グーグルやヤフーで言葉を検索すれば、世界中のサイトから知りたい内容を表示してくれます。インディードも同じです。「在宅勤務」「テレワーク」など、希望するキーワードを入力して検索をすれば、合致した求人内容が表示される仕組みです。

 

さらに会員登録不要、企業のレビューが見られるなど、メリットが豊富なのも特徴のひとつではないでしょうか。

 

在宅勤務を望んでいるのならば、インディードを外すことはできません。まずはインディードのサイトに行き、「在宅勤務」と入れて検索してみましょう。離れた勤務地でも「リモート面接」を実施している求人ならば問題ありません。知りたい情報が簡単に見られるおすすめの求人検索エンジンです。

 

スタンバイ

 

在宅うさぎ
スタンバイも先ほどのインディード同様、「求人検索エンジン」です。

運営元は株式会社スタンバイですが、あの有名な「Zホールディングス株式会社」と「ビジョナル株式会社」が株主となっています。

 

ココがおすすめ

Zホールディングス株式会社と言えば、ソフトバンクグループ傘下の「旧ヤフー株式会社」、検索エンジンに強い企業です。ビジョナル株式会社は、CMでもよく見る「ビズリーチ」を傘下に持つホールディングカンパニー、その2つが株主という事実からもすごさが伝わってきます。

 

求人情報も常時900万件以上が掲載されているなど、利用者にとってはありがたい検索エンジンです。「在宅勤務」と入力して検索をすれば、ほしい求人情報が手に入ります。

 

2015年から開始しましたが「ネット検索」と「求人」という得意分野を、それぞれが持つ2つの企業が関連している会社なので急成長を遂げました。在宅・テレワークの求人を探している人には外せない検索エンジンです。

 

Reworker(リワーカー)

 

在宅うさぎ
Reworkerは、「リモートワーク」「フリーランス」「時短勤務」など、新しい働き方のみを掲載する求人サービスです。

正社員だけでなく、業務委託や副業などの求人も載っています。

Reworkerの特徴は次のとおりです。

さらに詳しく

  • リモートワークができる会社のみ掲載されている
  • オンライン面談やチャットのみの求人もある
  • 成果報酬は企業側が支払うので、クラウドソーシングサイトのように手数料が引かれることがない(Reworkerを介さない直契約)

 

Reworkerは、リモートワークに特化したサイトです。マッチング機能もあるので、登録をしておけば求人を待つこともできます。他の求人サイトと合わせて利用することも可能です。

 

リモートワークに特化したサイトは、まだまだ少ないのが現状ではないでしょうか。マッチング機能を有しているサイトは、念のため登録しておくだけでも有利になります。在宅・テレワークを探している人はぜひ活用をしてください。

 

ママワークス

 

在宅うさぎ
ママワークスとは、主婦が働きやすい会社がそろっている主婦のための求人応援サイトです。

子育ても行っている主婦は、できるだけ在宅勤務の方が良いと思います。そんな主婦目線の求人サイトなので、在宅・テレワークの情報が満載です。

ママワークスの特徴

特徴

  • 在宅勤務を希望する主婦に特化した求人サイト
  • 在宅ワークに関するお役立ち情報を、現役ママが発信しているので参考になる
  • 電話やメールでマッチングやプチカウンセリングを実施

 

「在宅勤務は初めてだから不安」「スキルがないけど在宅勤務できるのかな?」など、主婦がテレワークで不安を抱えるのはよくあることです。ママワークスは、求人情報だけでなく、不安を解消してくれるサービスも充実しています。

 

「子育て中だから無理」と諦めている人はいませんか?同じような境遇でお仕事をされている主婦はたくさんいます。まずは会員登録をして、在宅・テレワークの仕事を確認してみましょう。主婦が在宅・テレワークの仕事を探すのならば、ママワークスがおすすめです。

 

Wantedly(ウォンテッドリー)

 

在宅うさぎ
Wantedlyは、やりがいや環境で求人者とマッチングさせるビジネスSNSです。

今までの求人サイトとは違う、新しいカタチの求人サイトとなっています。

 

Wantedlyの特徴

特徴

  • 給与条件など待遇の記載がない
  • 選考エントリーをしなければ始まらない
  • 会社の魅力がブログで投稿されるので、詳しく確認できる
  • 企業からダイレクトスカウトもある

 

Wantedlyは、在宅勤務やリモートワークの求人も多いサイトです。給与などの条件面でなく、会社の魅力で選ぶことができます。ブラック企業で悩んでいるなど、新たな一歩を在宅勤務やテレワークで始めたいと思っている人におすすめです。ただし、積極的な姿勢でなければ仕事は見つかりません。募集中の企業も、積極的な人材を探しています。

 

「とりあえず登録しておこう」よりは、在宅勤務やテレワークでありながらも、安心できる企業で働きたいと考えている人におすすめのサイトです。

 

PARAFT(パラフト)

 

在宅うさぎ
PARAFTは、IT企業の求人情報だけを扱う転職メディアです。

IT関連の在宅・テレワークOKの求人も数多く掲載されています。

 

もともとはパラフト株式会社が運営を行っていましたが、2019年より「ランサーズエージェンシー株式会社」へと社名が変更されました。株主はランサーズ株式会社です。ランサーズと言えば、「クラウドソーシンサイト」を思い出す人も多くいるのではないでしょうか。仕事を単体で外注し、仕事をしたい人が応募をするサイトです。

 

PARAFTの特徴

特徴

  • 「生き方」と「働き方」にまるわる記事をカテゴリーから探せる
  • 国内フリーランス人材向け

 

エンジニアやデザイナーなど、IT関連のテレワークを探している人におすすめできるサイトです。IT関連の人は活用をしてみてください。

 

タウンワーク

 

タウンワークは、知名度の高い求人情報誌です。駅やコンビニエンスストアなどで見かけることが多く、情報量の多さは言うまでもありません。

 

フリーペーパーのイメージを持たれる人が多くいるかもしれませんが、ネット上の求人情報サイトも運用をしています。その中には、在宅勤務の仕事もたくさん掲載されているのです。

 

「バイトをするならタウンワーク」とCMで言われているとおりアルバイトの求人数が多く、若年層向けのサイトとなっています。ただし、アルバイトやパートだけでなく、正社員や契約社員、派遣社員の情報も掲載されているので、雇用形態が違うからと言って利用しないのは間違いです。幅広い情報を得るためにも、いろいろなサイトを活用することをおすすめします。

 

ジャスネットキャリア

 

在宅うさぎ
ジャスネットキャリアは、ジャスネットコミュニケーションズ株式会社が運営する「会計」「税務」「経理」「財務分野」に特化した転職支援サイトです。

運営するジャスネットコミュニケーションズ株式会社は経理・会計分野に特化した人材エージェンシー、この分野の人材紹介や派遣などの情報サービスを展開しています。

 

最近は事務所経験者の在宅スタッフ募集が増えてきました。会計などの経験や資格を取得している人は、在宅勤務ができる求人が多く掲載されているので、有効活用ができます。

 

サイト内には「在宅ワークの求人一覧」が表示さています。まさに、「在宅・テレワークOKの求人サイト」と呼ぶにふさわしいサイトです。情報は毎日更新されるので、会計事務をテレワークで探している人におすすめをします。

 

リクナビNEX

 

在宅うさぎ
リクナビNEXは、リクルートが運営する求人サイトです。

リクルートエージェントと違い、リクナビNEXはウェブ上で登録を済ませれば、求人への応募ができます。経歴を登録しておくことで、逆に企業や提携転職エージェントからオファーが届き、求人が見つかるかもしれません。

 

求人数は非公開ですが、在宅勤務OKの求人も多く掲載されています。知名度も高く信頼できる求人サイトです。

 

doda(デューダ)

 

在宅うさぎ
dodaは、知名度の高い大手転職エージェントです。

幅広い業者や職種が掲載さています。その中には在宅勤務の仕事も多くあり、登録をしておいて損はありません。リクルートエージェントに続く求人数を誇っています。

在宅勤務で検索をすれば1万件を超える求人情報が表示されるので、試してみてください。中には、テレワーク面接がOKの会社もあります。登録しておくのがおすすめのサイトです。

 

まとめ

在宅・テレワークOKの求人が多い募集サイト10選を紹介しました。在宅勤務OKに切り替える企業も増えています。日ごとに求人情報も変わるので、より良い情報を得るためにも、在宅・テレワークOKの求人が多い募集サイト10選で紹介したサイトのいくつかに登録をしておくべきです。

 

良い求人に出会うコツは毎日サイトを確認すること、良い求人はいつまでも掲載されません。いつまでも掲載されるのは、条件が悪く人材が集まらない仕事の可能性が高いです。

 

より良い求人に出会うためにも、在宅・テレワークOKの求人が多い募集サイト10選から、毎日確認するサイトを見つけてください。

-仕事を得るための準備, 求人や仕事の見つけ方

© 2021 みんなの在宅ワーク