ライティングの仕事の探し方は?在宅可能なバイト求人の見つけ方を解説

ライター

副業や在宅の仕事というと、データ入力やアンケート回答などを思い浮かべる方が多いかもしれません。実は近年、ライティングの需要と人気が高まっていることをご存知でしょうか。「文章を書くことは得意ではない…」とはじめからあきらめてしまうのはもったいない魅力が、ライティングの仕事にはあるのです。

 

そこでこちらのブログでは、ライティングの仕事の説明や求人の見つけ方についてご紹介します。

 

リライトうさぎ
新規うさぎ

ライティングは在宅ワークの中でもハードルが低いって聞いてるよ。

 

在宅でできるライティングってどんな仕事?

 

ライティングとは文章を書く仕事です。取材に行って記事を書くイメージがありますが、在宅でできる仕事もたくさんあります。文章が載る媒体は大きく分けて紙とWebがあり、在宅でできるライティングは主にWeb媒体の仕事になるでしょう。近年Web上にはたくさんの記事があり、その記事を書くライターの需要が高まっているのです。

 

ライティングには、多種多様なテーマの求人があります。ですから、文章を書いた経験があまりなくて不安な方でも、ご自分の得意分野や専門の知識が活かせるテーマを選ぶと書きやすいでしょう。

 

たとえば趣味を活かせるテーマには、「好きなタレントについて記事を書いてください」「アウトドアに関する記事が書ける方募集」などがあります。また「不動産会社にお勤めの経験がある方優遇」や「家電販売の知識がある人限定」など、経験や知識があると有利な募集もあります。

 

ひとつの記事の文字数は1,000文字〜5,000文字くらい、文字単価は0.1円〜1円が多いです。募集は1文字いくらの文字単価が多いので、文字数が多い依頼ほどもらえる報酬は高いですが、慣れるまでは文字数が少ないほうが書きやすいでしょう。また実績が少ないうちは、高単価の依頼をもらうことは難しいかもしれません。ですから、まずは文字単価よりもご自分が書きやすそうな募集に応募して実績と経験を増やし、徐々に文字数が多い依頼や高単価の依頼に挑戦してみるのがおすすめです。

 

ライティングの仕事の探し方とは?3つのクラウドソーシング

 

ライティングの仕事は幅広くあり、記事作成の他にも商品やお店の紹介文、レビューの作成などがあります。また既存の文章の内容をあまり変えずに書き直す、リライトと呼ばれる仕事もあります。ではライティングの仕事はどのようにして探せばよいのでしょうか。

 

探し方の基本は、クラウドソーシングサービスを利用することです。クラウドソーシングサービスとは、仕事を依頼したい人と受けたい人の仲介をするサービスです。ライティング以外の在宅ワークもいろいろと探せます。案件が豊富で手軽にはじめられるので、ライティングの仕事を探す場合はまず登録するのがおすすめです。

 

では登録が無料でライティングの案件が豊富な、おすすめのクラウドソーシングサイトを3つご紹介しましょう。

 

クラウドワークス

 

業界大手のクラウドソーシングサイトです。ライティング全般で約2,000件、記事作成だけに絞っても約1,000件もある豊富な案件数が魅力です。

ランサーズ

 

こちらも大手のサイトなので、たくさんの案件があります。ライティングの募集も数多くあるため、初めてでもできそうなものを見つけやすいでしょう。

サグーワークス

 

運営元が国内大手の記事作成サービス会社であるため、ライティングに特化しているサイトです。ランク制度があり、ランクが上がると報酬もアップします。案件も豊富で、初心者から専業の方まで幅広いライターが活躍できます。

 

どれも、登録だけなら5分もあればできます。また上記のサイトはそれぞれ案件数が豊富ですが、依頼には波があるため、希望する仕事が見つからない時期があるかもしれません。そのような時は、他のサイトにも登録してみましょう。より仕事を見つけやすくなり、受けられる仕事がぐっと増えます。すると「時間があるのにやりたい仕事がない…」という状況を避けることができ、効率よく収入を得られるようになるでしょう。

 ライティングの仕事に応募しよう!押さえておきたいポイントは?

 

クラウドソーシングサイトに登録したら、実際にどのような依頼があるのか検索してみましょう。詳細を確認してライティングができそうな案件があったら、次は仕事に応募します。

 

人気がある案件は期限前に募集が終了してしまうこともありますので、気になる仕事を見つけたら早めに応募することがおすすめです。もし気になる仕事が見つからなくても、時間を置くと新しい募集が増えます。ですからこまめにチェックするとよいでしょう。

 

また応募する時に重要なのが、詳細をよく確認すること。そして自己アピールをしっかりとして、クライアントが知りたい情報をきちんと伝えることが、採用へのポイントになります。応募の際に押さえておくべきポイントをご紹介します。

 

クライアントの質問にはきちんと回答する

 

「1日に作業可能な時間を教えてください」「一週間で納品可能な記事数をご提示ください」などの質問が、募集文に記載されていることがあります。ですから募集文はすみずみまで読み、回答モレがないように注意しましょう。

 

自己アピールをしっかりする

 

「なぜこの仕事に応募したのか」「どのような点で貢献できるのか」をしっかりとアピールしましょう。ライティングの実績がまだ少ない場合は、得意分野や知識のある分野の依頼を中心に応募して、その点をアピールするのがおすすめです。ただあまり長い文章だと、最後まで読んでもらえず逆効果かもしれません。伝えたいことを簡潔に、ポイントを絞ってアピールしましょう。

 

文章力が必要なライティングの募集では、この応募文が採用に影響することもあるかもしれません。ですからいくつもの仕事に応募する場合でも、同じ内容をコピペするだけではなく、きちんとその募集に合ったアピールをすることが大切です。過去の実績などは同じ内容でもよいですが、応募理由などは案件ごとにしっかりと考えて記入しましょう。

 

ライティングの仕事に向いているのはどんな人?

 

ライティングの仕事の探し方はわかったけれど、普段あまり文章を書かない自分にできるかな」と不安に思う方もいるのではないでしょうか。けれども、思い返してみましょう。メールを打つ時、口コミを書く時、ブログを作成する時には文章を考えていませんか。

 

ライティングの仕事というと、難しく感じて躊躇してしまうかもしれません。しかし、実は日常生活では知らず知らずのうちに文章を書いていることが多いのです。ですからあまり難しく考える必要はありません。向いているかどうか、まず試してみてはいかがでしょうか。

 

また文章力と同じくらい大切になるのが、自己管理力です。ライティングの仕事には基本的に納期があり、間に合うように執筆する必要があります。遅れてしまうと信頼も得られず、続けることは難しいです。ですから納期に間に合うように自分でしっかり計画が立てられる人、納期までにきちんと提出できる人が向いているといえるでしょう。

 

まとめ

 

ライティングは、在宅でできる仕事の中で案件数・手軽さ・報酬のバランスがよいのでおすすめです。クラウドソーシングサービスを利用すれば、即日からはじめられる点も魅力ですので、ライティングの求人を見つけたい場合はぜひ登録してみましょう。「これなら書けそう!」と思える仕事に出会えるかもしれませんよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました