在宅ワークの体験談募集中
Webデザイン副業の収入は?月収や報酬の上げ方を紹介

Webデザイン 収入や報酬

Webデザイン副業の収入は?月収や報酬の上げ方を紹介

近年、在宅で副業をする人が増えています。データ入力やライティングなどさまざまな職種があるなかで、人気上昇中なのがWebデザインの仕事です。インターネットの普及でたくさんのWebメディアが増えているため、需要が高く安定した仕事が期待できます。そんなWebデザインの仕事は、副業だとどのくらい稼げるのでしょうか。また報酬を上げるにはどうしたらよいのでしょうか。

 

そこで今回は、Webデザインの仕事の月収と報酬の上げ方について、ご紹介します。

 

Webデザインの仕事の探し方は?在宅可能なバイト求人の見つけ方を解説
Webデザインの仕事の探し方は?在宅可能なバイト求人の見つけ方を解説

最近話題の在宅ワーク。スキマ時間を活用できるので、副業ではじめる人も増えています。さまざまな仕事がありますが、なかでも人気が高いのはWebデザインの仕事でしょう。Web業界は成長や多様化が続いており、 ...

続きを見る

 

Webデザインはどんな仕事をするの?

 

Webデザインの主な仕事には、Webサイトの画面デザインや設計、コーディングなどがあります。初心者でも自分で勉強しながら進められるため、仕事をしながらスキルアップすることが可能です。ただ、自由にデザインできるわけではなく、クライアントの希望にしっかりと添うことが必要です。ですからデザイン技術のほかにも、要望をきちんと理解することが大切になります。

 

大きなメリットは、需要が高いことでしょう。近年はECサイトなどの普及も増えているため、サイトを作成するWebデザイナーは必要とされる場面が多いです。そのため案件も多くあり、仕事を見つけやすいのが魅力になります。

 

イラストリス
他の副業に比べて単価が高めなこと、パソコンがあればどこでも仕事ができることもメリットです。

 

Webデザインの副業で月収はいくらもらえる?

 

Webデザインの収入は、持っているスキルや仕事の形式などによってさまざまです。たとえば会社勤めの場合は月収25〜30万円、在宅で仕事する場合は月収20万円ほどが相場といわれています。またWebデザインだけではなく、プログラミングの技術やディレクションなど、より高度な知識もある場合は年収500万円を得ることもできるようです。

 

副業でWebデザインの仕事をするなら、クラウドソーシングサイトを利用するのが一般的でしょう。クラウドソーシングサイトにある募集は、ひとつの案件にたくさんの人が応募する「コンペ」と呼ばれる形式の場合が多いです。基本的にひとつの仕事の報酬は数万円ほどで、たくさん仕事をするほど収入も上がります。

 

クラウドソーシングサイトとは

 

クラウドソーシングサイトは、仕事を依頼したい人と仕事を受けたい人の仲介サービスを提供しています。クラウドソーシングサイトを介すると、Web上のやりとりで多いトラブルのリスクを軽減できることがメリットです。個人情報をクライアントに知られなくてもよい、未払いのトラブルを防げるなど、安心してクラウドソーシングを行える環境が整っています。

 

Webデザインの仕事を探すサイトとしてオススメなのは、CrowdWorks(クラウドワークス)ランサーズでしょう。どちらも大手なので、案件数の多さが魅力になります。数分あれば登録できて、利用は無料なので、両方に登録しておくとより多くの案件が探せて便利です。

 

クラウドソーシングサイトでの収入例

 

ではクラウドソーシングサイトの募集は、どのような仕事と報酬なのでしょうか。実際の例をいくつかご紹介します。

 

参考

・Webサイトリニューアルの依頼
TOPページのデザインとコーディングで55,000円

・オウンドメディアのデザイン改修の依頼
5ページほどのデザイン改修で40,000円

・保育園の園児募集LPデザインの依頼
保育園のホームページのデザインに合わせてパソコン版とスマホ版2つのデザインを作成して35,000円

 

他にも、英語版を日本語対応にするようなプラスのスキルを必要とする高単価の依頼などもあります。また、なかには単価制ではなく時給制の仕事もあり、平均時給は1,500〜2,500円ほどのようです。

 

ですから月収は一概にはいえず、1日にどのくらいの時間が取れるか、そしてその時間内で月にいくつの仕事ができるかによるところが大きいでしょう。また、応募者が多いと競争率も高くなるため、いくつの依頼がもらえるかも影響してきます。

 

月収を増やしたい!Webデザインの副業で報酬を上げる方法とは

 

Webデザインの副業は、限られた時間内で作業することになるでしょう。ですから報酬を上げるには、そのなかでどれだけ効率よく仕事をできるかがポイントになります。また、仕事の受注数が報酬にもつながるため、受注を増やすための活動も有効です。

 

スキルを上げる

 

仕事の効率を上げるためにとくに有効なのは、スキルを上げることでしょう。スキルを上げる方法には、独学とスクールがあります。独学は自分のペースで取り組むことができ、費用もスクールよりはかかりません。けれども教えてもらうことができないので、不得意な部分の克服が難しい点や、わからなくなると挫折してしまいがちな点がデメリットでしょう。

 

一方スクールは教えてもらいながら学べるため、着実にスキルアップを目指せることがメリットです。独学よりも費用はかかりますが、確実に力をつけたい方にはオススメです。オンラインのWebデザインスクールもあり、独学のように自分のペースで進められるうえ、サポートを受けることもできるのが魅力になります。

 

新しい情報を積極的にキャッチする

 

Web業界は技術の進化が激しいので、最新技術について常に敏感であることが大切です。技術は日々進化していますので、気をつけていないと自分のスキルが通用しなくなるかもしれません。会社のように教えてくれる人が身近にいるわけではありませんから、最新技術について勉強する時間を作ることも、長く続けるために大切なことです。

 

ポートフォリオを作成する

 

ポートフォリオとは、いわゆる作品集のことで、自分の実績やスキルを評価してもらうための資料です。応募の際に添付したり、自分のWebサイトに載せたりすると、仕事の受注につながりやすくなります。仕事で作成した作品でもよいですし、ポートフォリオのためにオリジナルの作品を作って掲載するのもよいでしょう。なお、仕事で作成した作品を載せる場合は、クライアントの許可が得られたものにしましょう。

 

またポートフォリオは、スキルのほかにもセンスや得意なことをアピールする手段としてとても有効です。仕事をもらいやすくするために重要なのは、受注可能なことを明記することと、こまめに更新することです。ポートフォリオ系のサービスもありますから、仕事が忙しくて時間が取れない人は上手に利用するとよいでしょう。

 

SNSを通じてアピールする

 

ポートフォリオだけではなく、TwitterやFacebook、Instagramなどでのアピールも効果的です。このような手段で自分が手掛けた仕事の情報を発信すると、多くの人に知ってもらうことができます。なお、公開にはクライアントなどの許可が必要になりますので、注意しましょう。デザインは見た目でわかりやすいので、いい作品はSNSでの拡散が期待できます。その結果評判が上がると、さまざまな面から仕事につながる可能性が高くなるので、ぜひ試してみましょう。

 

クラウドソーシングサイトは、多くの募集があるので仕事を探すのには便利ですが、そのぶん競争率も高くなります。ですから仕事の依頼を増やしたり、高単価の仕事を受けたりしたい場合は、上記のような方法でスキルを磨き、ポートフォリオを更新するなど積極的なアピールをするのが効果的です。さらにグラフィックデザインなどのスキルもあると、仕事の幅が広がるので、報酬を上げる方法としてより効果が期待できます。余裕がある方は、ぜひチャレンジしてみてください。

 

まとめ

 

Webデザインの月収は、仕事の数に大きく左右されるため一概にはいえません。ただ、高いスキルを持っていたりポートフォリオなどで積極的なアピールを心がけたりすると、高単価の仕事につながりやすくなり月収アップに役立ちます。需要が多い業界なので初心者でも取り組みやすく、また今後の成長も見込めるため、今スキルを学んでおくと将来メインの仕事にすることも可能です。そのためオススメ度が高い副業といえるので、興味がある方はぜひはじめてみてはいかがでしょうか。

-Webデザイン, 収入や報酬

© 2020 みんなの在宅ワーク